ペットちゃんの事

ペットちゃんは、ご存知の通り言葉を発しませんし、自分が病気でもなかなか外見では分からないことが多くあります。
勿論、事故に遭ったり誤飲といった偶発的な要因や元気が無いので病院につれていったら余命宣告をされたり、突然、命の終わりと向き合わなければならないことも考えられます。
そこで、仮に今、ペットが亡くなったとして、皆様は、
どこに・いつ電話したらいいの?どこに行けばいいの?
自宅まで来てくれるの?誰に連絡すればいいの?
市役所に連絡は必要?
など、その様な疑問にお答え出来ますでしょうか。なんとなくイメージが出来ていても実際には分からないし誰に聞けばよいのか分からない、ということはありませんか。
ですから、先ずは、「知る」「知ることで安心を得る」そのために、愛ペットクラブのメンバーシップ・リワードである、エンディングプランナー・セレモニーコンシェルジュの窓口がございます。

◆ペットの寿命は2年~20年

◆ペットの寿命は2年~20年
ペットは種類にもよりますが、ハムスターなら2歳、猫で15歳、犬で10歳になれば人でいうお年寄りになります。病気もしますし、運動能力が低下したり、目が見えなくなったり、食欲が落ちたりします。
しかし、それらは自然なことですし飼い主様のそばで一緒に過ごしてきた証でもあります。
近年、一人暮らしでも終活を検討される方が多くなってきましたが、同様にペットちゃんの終活も考えられる方が多くなってきました。
勿論、飼い主様は一日でも長く一緒に居たいと思われるでしょう。
ただ、残念ながら最期の時は必ずやってきます。ペットも自分がどの様に最期を迎えるのか気になっていますので少し気持ちの持ち方を変えてみて万が一の時の為に、自分の家族はどの様に見送ってあげたいか考えてみてください。

[愛ペットグループの終活サポート]

大切なペットが与えてくれた沢山の「ありがとう」に恩返しするためにも、“うちの子も歳をとったな”と感じた時は、最期の時について少しずつで良いので考えてあげてください。
それでも、そんなことは考えたくない、そんな気持ちになれないという方のために、愛ペットグループのスタッフが生前事前相談として、丁寧にゆっくりとお話をお伺いしご相談をお受けしておりますのでご安心ください。

◆自分のため・ペットのため 両面で考える

◆自分のため・ペットのため 両面で考える
もし、ペットちゃんにご不幸があれば飼い主様は当然ながら悲しい気持ちになります。
例えば、ペットちゃんのご遺体の安置方法も考えてあげないと直ぐに傷んでしまうケースも考えられます。
そこで、愛ペットクラブのプレミアムプランにご加入登録いただいたペットちゃんは、愛ペットグループ専属の納棺トリマーがしっかりとペットの身体のケアを行い安置、清拭、納棺まで行いますので飼い主様・ペットちゃん共に安心いただける万全のサポートとなっておりますので、その様な現実的な不安も解消出来るサービス対応が整っております。

◆生前にお墓を建てる理由

◆生前にお墓を建てる理由
生前墓とは、言葉の通り生きている内に、亡くなった後に入るお墓を建てるということです。
中には、生きている間にお墓なんて、と思う方もおられるかもしれませんが、仏教的には生前墓の建立のことを寿陵といって長寿や無病息災・家内安全といった縁起の良いものとされているようです。
昨今、終活の時代の影響もあり先祖墓は敬遠され夫婦墓や家族墓等で生前墓を申込みされる方も多く需要も増えてきています。
それは亡くなった後に親族に迷惑をかけたくない、とか自分らしいお墓を立てたいという理由も要因としてあるようです。
愛ペットクラブにおいても生前墓として、納骨堂のお好みの霊座(場所やデザイン)を決めておくことで、お参りがしやすい霊座を先に確保しておくというメリットもありますし、生前にお墓を決められることで飼い主様の願いが通じ、長寿・無病息災でペットが健やかに過ごされることを愛ペットグループも願っております。
※メンバーシップ・リワードが適用されるお墓は、霊園内納骨堂の個別霊座になります。

【どんなペットでも大丈夫?】

【どんなペットでも大丈夫?】
愛ペットクラブにご加入いただくペットの種類にこだわりはありません。ハムスターや小鳥の火葬も愛ペットグループには多くの葬儀の申し込みがあります。
むしろ、犬や猫はコンパニオンアニマルといって伴侶の様に言われますが、小動物は自分の分身のように思い愛着をもって飼われている方も多くおられますし家族同然といって間違いはありません。
珍しい動物だからといってご遠慮なさらずに、是非ご家族として手厚いお見送りを考えていただければペットちゃんも喜ばれると思いますし、私共も全てのペットちゃんが手厚い供養を受けられることを切に願っております。

メンバーシップ・リワード